Rose Chiharu’s blog

FINAL ACT起こしますよ!とにかく、黙っていられないからね(ーдー)…

直木賞と南国忌「第39回 南国忌」(供茶、法要、記念講演の日)

長いあいだ

 

文藝春秋社の編集者をつとめていた

 

高橋さんが

 

いままで出会い、

 

多くのデビュー(数多くの作家誕生)に

 

携わってきたから

 

興味深い…!!

 

場所は文学界の〈直木賞〉で有名な

 

直木三十五菩提寺である、

 

臨済宗建長寺派富岡山長昌寺(ちょうしょうじ)

 

直木賞にその名を残す、文豪の直木三十五

 

その第39回南国忌が開催され、

 

供茶、法要が行われた。

 

そのあと記念講演があり

 

本日の語る人(講演)は、

 

1967年早稲田大学卒業後すぐに

 

文藝春秋社に入社し、

 

以後は多くの作家のデビューに

 

携わっていた高橋一清氏!

 

記念講演「私の会った作家たち」を拝聴した。

 

 

 


f:id:rosechiharu:20240223180216j:image

 

入社してすぐに、

 

高橋さんは「文藝春秋」文學界」という

 

文藝春秋社の人気雑誌である

 

〔2つの編集部〕を担当することに

 

なったそうで、たいへん多忙な日々を

 

過ごしてきた。

 

文藝春秋社の創業》

1923年作家の菊池寛や、天台宗大僧正の今東光らが

 

東京都の紀尾井町文藝春秋社を開業

 

同時に「文藝春秋」が月刊雑誌として刊行された。

 

1955年月刊の文芸雑誌として「文學界」が

 

刊行された。

 

 

 

長昌寺の境内は

 

江戸時代に莫大な人気を得た

 

芋観世音菩薩(芋神様)が祀られたり、

 

瑚林慶珊大姉墓所直木三十五墓所があったり、

 

横浜金沢七福神の〈布袋尊〉が祀られたり、

 

本堂前の庭に樹齢約七百年の

 

横浜市指定名木古木の柏槇(ビャクシン)があったり、

 

参道階段が長濱検疫所(幕末の船の検疫所)から

 

移設されていたりする。

 

芋観世音菩薩は、九十年程前までは

 

鳥見塚に祀られていたが

 

大正から昭和にかけて

 

金沢区の地域も

 

海軍の軍事基地化(横須賀鎮守府の創設)に

 

進む過程で、

 

この地には海軍基地建設の波が押し寄せ

 

そのため芋観世音菩薩は

 

長昌寺に遷されたのだ。

 

鎌倉時代には、

 

近くの富岡八幡宮の辺りまで海岸線で

 

富岡村は漁業の盛んな自然の豊かな地であり

 

つまり富岡村の辺りまで(現在の金沢区域)

 

鎌倉地域であった。

 

富岡八幡宮のうべえじゅう(卯陪従)とは、

 

卯の日に行う陪従(べいじゅう)の神楽と言う意味で

八百年の歴史ある神事である。

 

鎌倉幕府の鎌倉八幡宮寺の

 

伝統神事「湯立神楽」と同様の

 

湯立神楽」神事が、今も富岡八幡宮に残る。

 

つまり鎌倉幕府時代から

 

金沢区域は多くの寺院仏閣が立ち並ぶため、

 

坂東(関東)地方の中で

 

最も歴史ある土地なのだ。

 

 


f:id:rosechiharu:20240223183944j:image

 

南国忌は代表作「南国太平記」に由来する。

 

昭和9年2月に、43歳でこの世を去った

 

直木三十五を偲ぶため、毎年2月に

 

墓前祭として「南国忌」が行われてきた。

 

直木の作品は、綿密な歴史考証をもとにして

 

大正末期から時代小説を数多く書いた。

 

時代小説を毛嫌いしていた、

 

当時の知的階級の知識人にまで

 

直木の作風は影響を及ぼしたのであり

 

没後に、親友の菊池寛らにより、

 

直木賞直木三十五賞)』が

 

芥川賞芥川龍之介賞)と

 

同時に設けられた経緯がある。

 

直木賞』『芥川賞』は、

 

新人作家たちの新人文学の

 

登竜門となって、近代文学界を

 

盛り上げる役目を担っているのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩橋さんの勇気ある行動

プラスマイナスの岩橋さんは

 

勇気を出して真実をツイートしたのだと

 

思います…

 

しかしながら、

 

吉本興業(ヤクザ組織企業)は

 

岩橋さんのその勇気ある行動を

 

許さなかったようです

 

吉本興業はプラスマイナスを

 

解雇したのだから…冷徹ですね

 

 

私は、岩橋さんを

 

これからも応援しますよ!

 

真実を言えるのは、

 

純粋なこころだからこそです!

 

銀座の名劇場にて『博品館で、きらびやかな舞台を!』

銀座博品館劇場は

 

新橋駅側から

 

近いのよね…!

 

もちろん、銀座の中央通りに面しているから

 

人通りも多くて

 

日曜日の昼の時間帯は

 

歩行者天国になっていた…ね!

 

 

優さんは、

 

ミュージカル舞台で、

 

コミカルでシリアスな

 

武士やロックスターを

 

演じきったね⁠(⁠´⁠ー⁠`⁠)⁠

 

今回はコメディタッチの作品が

 

ショートストーリーになって

 

次から次に場面転換するからネ

 

演じる方々も

 

準備が大変だったのかもしれない!

 

 

 

三日目千秋楽

 

私は午後二時からの部の公演を観劇

 

「オーマイゴッド!」で

 

またひとつ、

 

新しい優さんを見ることが出来た!

 


f:id:rosechiharu:20240219043637j:image

 

舞台後に、会場で

 

記念のツーショット☆

 

亜美さんに撮影して頂いたよ!

 

二月の冬

 

街の中には

 

ところどころに梅が開花している!

 

春は、すぐそこ!!

 

 

なんども書いてきたが…「マスコミ軍閥組織は危険な反日政策組織」フリーメイソン計画の全貌

政府マスコミ軍閥組織は

 

日本政府(明治維新政府)樹立時から

 

今までずっと「フリーメイソン組織」です

 

幕末ペリー黒船海軍隊=フリーメイソン

 

明治維新、倒幕運動(尊皇攘夷運動)で

 

江戸幕府を乗っ取った勢力もフリーメイソン

 

戊辰戦争の東軍=拠点は横須賀製鉄所で

 

つまりフランス公使ロッシュの

 

フランス系フリーメイソン

 

戊辰戦争の西軍=拠点は長崎造船所で

 

つまりイギリスのグラバーの

 

イギリス系フリーメイソン

 

世界中の権力者組織はフリーメイソンです

 

第一次世界大戦

 

第二次世界大戦などの

 

大きな戦争も全て、予め軍事計画が

 

シナリオライターたちによって

 

計画書が作成されたのですよ

 

 

大きな戦争は、欧米軍閥フリーメイソン

 

マッチポンプ政策なのですからネ

 

明治維新政府(薩長土肥薩長同盟薩長藩閥政府)が

 

樹立以降の日本は、

 

世界有数の戦争国家化しましたね…

 

天皇大権、現人神の明治天皇天皇制)のために

 

多くの日本の若者が徴兵されて

 

戦線に行かされて亡くなったのです

 

明治維新政府の、

 

最初の対外戦争は日清戦争侵略戦争)でしたが

 

戦争に勝ったため、台湾や遼東半島

 

植民地化しました

 

そして莫大な賠償金を手に入れたのです

 

その賠償金を、日本各地の軍港開発に

 

注ぎ込み、横須賀、呉、舞鶴佐世保など

 

軍港が建設されました…

 

つまりそれら軍港の建設、軍港の軍艦造船など

 

全て軍事費=防衛費に化けたのです

 

 

日本政府=フリーメイソン組織

 

GHQ反日政策は、日本の国会議員たちに

 

継承されていますからネ

 

政府マスコミ軍閥組織の中枢(司令塔)は

 

最大の反日政策組織である電通朝鮮人組織)

 

という裏側構造です

 

〔真実の横浜の史実〕は歴史論文ブログ=フラワーブログ

 

横浜開港地はフリーメイソンの最初の

 

植民地であり、日本最初のロッジが設置され

 

悪魔崇拝儀式がおこなわれました

 

横浜開港地=奴隷貿易拠点=港崎遊郭

 

遊郭奴隷貿易の拠点ですからね

 

赤い靴はいてた女の子像=山下公園

 

「赤い靴」の歌詞は

 

『異人さんに連れられて行っちゃった…』(本居宣長の末裔による作曲

作詞は野口雨情)

 

明治維新政府(明治天皇政府=天皇大権)

 

からゆきさん=人身売買活動=女衒

 

現在の日本🗾権力者組織芸能業界では

 

お笑い芸人たちが、人身売買(女衒)を

 

やっているようです…

 

世界の大航海時代には

 

イエズス会士、宣教師らの

 

本当の目的は奴隷貿易であったのです

 

欧米軍閥組織フリーメイソンユダヤ金融財閥

 

ディープステート=DS=内閣府ムーンショット計画

 

日本政府(明治維新政府)の

 

二大スポンサー業界は

 

「医療業界=製薬企業界」「軍需産業界=戦争屋、武器兵器製造企業、造船企業」

 

コロナ=カネ=メディア信仰=メディアウイルス

 

 

 

 

 

 

部屋、空間のホコリもアートに!「ホコリとモヤのアート展示」文化庁初アート支援事業

ホコリは空間に、日常生活の中に

 

当たり前にあって

 

メディウムとしての「ホコリ」の存在が、

 

2020年から開始した、

 

コロナ時代において

 

注目されはじめたのには、

 

大きな理由があったのである…!

 

 

 

緊急事態宣言下の日常で

 

部屋で過ごすうちに

 

棚や机に

 

蓄積されてゆく

 

「ホコリ」「ごみ」への

 

繊細な視点は、

やがてアーティストの

 

ひらめきや映像感覚の場の表現へと

 

繋がってゆく…

 

 

主な上映作品(2021年)「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭編入選作品」「カルト国際映画祭 入選作品」等

 

グループ展(2023年)『さいたま国際芸術祭公募プログラム〈盆栽四季の家〉』にて、埼玉県を中心にした歴史に関連する展示や、

(2022年)『六本木アートナイト オープンコール』にて、広告が爆走する都市としての東京の街中を《東京曼荼羅》映像作品で表現し、関東首都圏の中心である「東京」が、常に破壊されたり創造されたりしていることを観賞者に伝えている。これらインパクトある作品を手掛けた映像作家の坂根大悟さん(@daigorere)は、大阪府と埼玉県出身で、学習院大学で映画史を研究してきた若手のアーティストだ。

 

化学者、研究者でありアーティストの市川しょうこさん(@shoko_uwo2)と、坂根さんは【UWOUWO】というユニットを組んでおり、今回の「横浜微塵美展」は山手イタリア山庭園の門の目の前(道路を挟んだ反対側)にある、アート・ギャラリーアウル(gallery OWL)にて、2024年1月30日(火)から2月4日(日)まで開催された。こちら展示は、文化庁初の発表支援プログラムで、令和5年度文化庁メディア芸術クリエイター育成支援事業の一環だということで、最新のデジタル技術をかなり駆使した、科学装置インスタレーションである!

 

入口から会場へはいり、最初の展示は、手にアルコールを噴射してくれる。アルコールのついた手のひらを、映像作品の手前に影絵のように出すと、モヤがのぼる様子が確認できるが、これは光の屈折によるシュリーレン現象なのである。

 

参加クリエイターは、1、2階の音楽制作は、髙橋涼馬さんが担当しており、神奈川県出身のミュージシャン。mol-74のベーシスト、またSeebirdsのフロントマンとしても活動している、注目のアーティスト!@ryoma_takahashi_

 

地下1階の音楽制作は、あみひつじさんが担当。(@ami0213)
『ゆるし』『癒し』『祝福』をテーマに歌うシンガーソングライター。主に都内ライブハウスや、インターネット、アプリなどで活動。シンガーへの楽曲提供、各種イベント・アプリ等のBGM制作の他、朗読台本や詩の執筆、芝居や占いなど「ことば」「声」「音」を使う分野において幅広く表現活動を行っている。
匂いデザインはフレグランスアートブランドSpAceが担当し、あらゆる空間に、アイデンティティをという活動テーマだ。(@space_fragrance_)

チラシデザインはmoyuさん(@moyu_nouki)が担当している。Vtuber濃綺もゆを運営したり、WEBデザインなどのクリエイティブな幅広い活動をする。

 

 

プロジェクターの光や、太陽光線にあたると、部屋の空気中に浮遊する「ホコリ(塵)」は、宇宙空間全体にある、宇宙の法則(宇宙空間に散りばめられた星々)を感じさせる、ミクロ・マクロの世界の〔星〕のようだから、なんとも不思議な視点、映像感覚表現である。地下1階の展示では、光のあたった空気中のホコリが、星の瞬きを連想させる!これは科学現象では、チンダル現象とよばれるものである。ミクロ規模の世界に視点を向ければ、空気中に舞ったり、人間などの生物に付着している「ホコリ」が、チンダル現象のキラキラした「光の粒」となって美しさを表現しているから幻想的。人間の身体、衣服に付着した「ホコリ」も、デジタル装置でその全体的な動きを察知して、デジタル上の(仮想空間的な)光の表現として浮き上がらせる、最新のデジタル分野のアートとなっている!

 

2階の展示では、日常生活でみつけた「ヒビ」を写真として撮り溜めてそれらを印刷したものを、パネルとして正方形の額の中に入れ、展示観賞者は自由に金具を取り付け、パネルの位置、配置を変えることができる、アイデア溢れるインスタレーションであり、普段見落としがちな「ヒビ」の存在を、あらためて認識するだけで、現代アートのアーティストの気分を味わう。

 

 

 

2020年から世の中は、マスク装着する潮流が主流となって、政府の命じた緊急事態宣言下で、自宅での引きこもりの生活、活動はリモートワーク、テレワーク、在宅ワーク(在宅勤務)などと呼ばれはじめ、オンライン化社会のデジタル化、IT化体制では、常に「ホコリ」とのたたかいになっていた…という〔恐怖のウイルス=コロナウイルスシナリオ(コロナストーリー)〕であり、マスコミ軍閥シナリオライターたちによる、そのシナリオ設定は「ホコリ」さえも敵である存在だと認識されたが…

 

一方では、人間の生活に敏感に反応したアーティストの感性は、「ごみも排泄物も、塵もホコリも全て密接に繋がる」「ごみやホコリを、メディウムとして捉えることができる」「ホコリの浮遊する空間の姿は、そのまま宇宙空間に喩えることができる」という発見をもたらしているから、「ごみ」「ホコリ」のその可能性は無限大に広がり、けっして無視はできないくらい、その視点はアーティストの立場から世の中に、打ち出されているのだ!こんな御時世に、アーティストの作り出しているアート空間は、きっと我々に癒やしを与えてくれるだろう。

 

 


f:id:rosechiharu:20240207174704j:image
f:id:rosechiharu:20240207174711j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気を強くするには?〈昨今流行りの暴露系ブーム〉

いろいろなネット上の事件や話題に 振り回されています… 以前からブログ記事の構想や情報集めは、だいたい、時間のある夜中に奔走しているため 常に寝不足の状態ですが この数ヶ月は 最大の寝不足期間でしたよ…(泣)

私の場合はその他にも やる事が山積みですが、多忙スケジュールの中で十年前から 無償の市民ブログ記事活動、ブログ記事アート活動をしています

 

さてはて、そんなところで、巷のメディア(大衆洗脳メディア)に目を向ければ…

今年の日本の芸能界は、戦後最大の 混乱期を迎えたようで マスコミ軍閥は、記者や作家も、そして当人である有名人芸能人も、疲れ果てた顔ですよね…有名人の似顔絵を描いていると、疲れている様子がはっきりわかるのですから…

 

 

昨年秋の衝撃的なジャニーズ事務所会見から、5か月が過ぎるというのに、いまだにマスコミ軍閥業界は、「芸能界」の不祥事、性加害疑惑報道を続けているから、その後も、週刊文春などの出版社による、一連の暴露記事金儲けは、とどまるところを知らない様デス

 

最初のジャニーズ事務所記者会見から、約一ヶ月が経った10月2日には ジャニーズ事務所による 二度目の記者会見が開催されました。

藤島ジュリー社長は非常に 困惑した表情で、東山さんや井ノ原さんも 始終、曇った表情で記者からの質問に 真摯に回答していましたね

 

 

 

そんなこんなで、この5か月間は 何時にも増して寝不足の状態で、ネットに多くの時間を 割いて、関連記事や 動画を漁る 日々でしたよネ☆ユーチューブ動画も次から次へ、エンドロールのごとく、オススメが流れてくるから…もう死にそうな勢いで攻めてくる…⁠(⁠⁠⁠(⁠*⁠⁠~⁠⁠*⁠<⁠)⁠

スマホのストレージが溜まっていき、タブレットとか買わないと追いつかなくなっています…

 

作家たちは、とくに週刊誌の記事で、儲けまくっているから、今後も次から次へと、芸能界の裏側テーマの暴露系記事、ゴシップ記事が出てきそうです!「松本人志」のオンライン記事は、すでに億万商業化して、莫大な利潤を生み出しているらしいと、芸能関係者が漏らしていますよね

 

 

 

 

 

芸能業界・マスコミ軍閥組織の騒動が、今後も続いて行く予感がしますが、流されないように、気を強く持って生きて行きたいものです!

 

 

 

 

 

 

 

I子さん…の告発(文藝春秋の動き)

ものすごく

 

勇気のいる「告発」という

 

行動は、ちかごろの

 

巷のブームなのかもしれません

 

さてはて、

 

松本人志さんは

 

これだけ多くの

 

被害者女性を抱えながら

 

今まで何を考えて生きてきたのでしょうか

 

 

ほんとは応援して行きたかったのですが…

 

どうやら難しそうです

 

私も推しの有名人が

 

たくさんいますからネ

 

芸能業界のさまざまな

 

ニュースを見ているだけで

 

目は疲れて、SNSに文章を

 

書いているだけでさらに過労の日々なのです

 

 

しかし松本さんは

 

まずは、多くの被害者女性たちに

 

謝罪するべきだと思います…

 

ここまで世間を騒がせておきながら

 

ひとことも謝罪の言葉がありません!

 

世界的なサイト、マスコミ軍閥

 

今回の松本人志騒動に注目中ですから

 

本人は、はやく謝罪をしたほうが

 

よいですね…!

 

 

本日の週刊文春のオンライン記事では

 

渋谷のリラクゼーションサロンで

 

働いている女性の証言ということです…

 

マッサージ店?という

 

表記のユーチューブ動画も

 

ありますね

 

私は、マッサージ店には

 

一度も行ったことがありませんから

 

どんな感じの店舗経営なのか

 

はっきりとはわかりませんが、

 

渋谷という場所柄、有名人芸能人たちも

 

大勢、予約して繁盛している店のようです

 

私の推しのV系バンドのメンバーさんも

 

行ったりしているのかもしれません…ネ